【NEWS! 2020年12月~】


*NEWS!* 1月12日更新しました。

 

※1月 11日 

  《シーガルズ杯U‐9の部》試合結果・写真アップしました。

※1月   9日 U-11

  《AZKフレンドカップ》写真アップしました。

 ※1月  3日

  《初蹴り》写真アップしました。

 


 1月 11日(祝・月) リーフスタジアム

 シーガルズ杯 

 U-9

 優勝  友愛SC

 準優勝 FCレガーレ

 3位  太尾FC

 

 全試合結果

ダウンロード
U9 シーガルズ杯 全試合結果.pdf
PDFファイル 218.8 KB

 1月 9日(土)  こどもの国少年サッカー場

 AZKフレンドカップ 

 U-11


1月 3日(日)  佐原フットサルクラブ

 初蹴り

 横須賀シーガルズ全学年


1227()  マリノス追浜グラウンド

TRM

 U-11

U-11 Ⅰヘッドコーチより》

 

【感じたことを行動に】

 

U-1112/27に横浜F・マリノスプライマリー追浜さん、かながわクラブさんと練習試合をさせて頂きました。

選手のみんなはどう感じたでしょうか。

トラップ・パスの精度、11の仕掛けと対応、相手を見る、列を超える。

私は点差以上に大きな差を感じました。

一生懸命ボールを追いかけたり、一生懸命ゴールを目指したり。何事も一生懸命やることは大切です。100%の力を出し切らなければ成長には繋がりません。しかし、相手が強くなればなるほど一生懸命やっても通用しなくなってくるのです。

 

では…どうしたらいいでしょうか。

 

私は「日常の意識レベルを上げること」が重要だと思います。

普段のチームでの練習の質を上げることが出来れば、自分たちの基準を上げることが出来ます。しかし、これは難しいことです。だからこそ、まずは11人の意識を変えていくことからやっていく必要があります。

 

1つのパスに対してどれだけこだわれるか。

 

目の前の11にどれだけ食らいつけるか。

 

1つの練習でどれだけ上手くなってやろうと思えるか。

 

目の前の1試合にどれだけ全力を注げるか。

 

何となくやっていては成功しても成長には繋がりません。

逆に失敗しても11つにこだわり、次に活かすことができればその選手は同じ失敗を繰り返す回数は減るでしょう。

言われなくなってからでは遅いです。自分を変えられるのは自分のみ。

今回感じた差を縮め、追いつき、追い越せるように、来年も活動していきましょう。

 

対戦頂きました横浜F・マリノスプライマリー追浜様、かながわクラブ様、ありがとうございました。

 

今回の活動で2020年の活動が終わりました。新型コロナウィルスの感染拡大で思うようなスタートを切ることが出来ませんでしたが、シーガルズに支えてくれている全ての方々のおかげでこうして子ども達にサッカーをする環境を作ることが出来ています。また、感染症対策を講じながら大会運営や試合をしていただけるチームの皆様にも感謝いたします。

1年間ありがとうございました。

 

 

保護者の皆様、1年間応援していただきありがとうございました。


12月 26日(土)  酒匂川スポーツ広場

 足柄FCグリーンカップ

 U-7